小さな幸せ見つけられる日々でありたいね
   
そしてペンフレンドはやってきたー。
特急「かもめ」からの彼女のメール

「列車乗客の会話は、かずちゃんが一杯います。
 九州にきたんだなぁて実感してる」


わははは。。
私は彼女と話す時も方言を入れて話すのでありました。
(方言って大切にせんばいかんと思うとですよ)

改札口でドキドキわくわくして待つこと数分。。

いよいよ彼女らしき人が現れた。。(きゃー♪) 笑



「ホームスティの気持ちでおいで
エプロン持参のこと~」とメールをしておいた私

一緒に台所へ立ち、料理や後片付け
二人で色んなお喋りをしながらの家事は楽しかった。

家族と一緒に台所でご飯

夜は布団を並べて遅くまでお喋り。

毎日、二人で早起きして家事を済ませ外に遊びに出る
海に山に温泉に、彼女の希望を入れて行程を組む

我が愛車の走行距離は、二日間で420km
(かなりの道迷いもありました。笑)


1日目

b0047081_1165319.jpg

陶器を買いたいということで、この町を中心に計画
海と露天風呂をプラス
b0047081_1171751.jpg



2日目
NHKの朝ドラで見た由布岳を見てみたいそうな。
山が視界に入ってきた時の彼女の喜びようったら(^^)
b0047081_1174775.jpg

散策もたのしゅうございました


湯布院へ行くなら是非に!と山友さんに紹介頂いた場所
b0047081_1181249.jpg

湯布院の人ごみを歩いた後には、最高の場所でした。
ゆったりと贅沢な時間を過ごせました


修学旅行のときに通った「やまなみハイウェイ」を通ってみたいとのこと

はいはい~
では、九重へ走り、
スニーカーでも歩ける男池周辺を散策しよう~
あの静かな森で、野鳥の囀りを聞き、木漏れ日を浴びながら森林浴。
そして湧き水を汲んで帰りましょ~~と
特大のペットボトル持参


のはずが・・


かずさんの車にはナビがありません。
自慢ではないけど、道間違いは特技とします・・。

なぁんと。湯布院~九重を、九酔渓を通って行くはめになり(笑)

ついてないことに、夕立に遭い。稲妻を何本も見・・
ブルブル。。

男池へ到着したものの・・・森の中は薄暗く見える

木漏れ日どころではない。
道迷いしてロスした30分が。。。悔やまれます。涙


しかし、神様は見放しませんでしたぁ~~

b0047081_119439.jpg

駐車場でバッタリ遭遇した山友さんに、
天然炭酸水の湧き出る白水鉱泉へご案内頂き、
そこで流しそうめん炭酸水のそうめん
(お昼ご飯まともに食べてなかったのだよねぇ。)

美味しかったねぇ~

お勧めのゆずごしょうも買ってみる。
(後日教えて頂いたけど、日本で一番美味しいものゆずごしょう部門で1位なのだとか)

彼女は思いもかけないハプニングを喜んでおりました


その後の温泉は九重と決めていたのに、
落雷の影響で、温泉の営業ができないとのこと。。

またまた、計画倒れになりそう。。笑

しかし
山友さんのアドバイスで、
通りそこなった、やまなみハイウェイを通って黒川温泉へ行くことに。

雨もあがり、
諦めていた景色に大喜びでした。
一時はどうなるかと不安だったけど、よかったよかった
(山友さんありがとう~)
b0047081_1343333.jpg


とっても良いお湯でしたぁ。
露天風呂がまたすごく良い~。

このあとは、日田を通って帰りました。



3日目
私が育った町をみたいのだとか・・
本当は県内が見える、高い山をご案内したかったのですがねぇ。。
先の豪雨で登山道が閉鎖と姉に聞き、断念
近場の里山で我慢。
b0047081_124993.jpg

それでも喜んでくれました


色んな話をしたなぁ。。
一緒にいる時間が多いと色んな話ができる

お互いとてもプラスになる時間でした。


3泊4日。あっというまに時間は過ぎ去り
見送りはやっぱりセンチになるね・・

また数年後。次回は秋に 
そう約束して帰っていったペンフレンドでありました(^^)





[PR]
by kazu_ko | 2010-07-28 01:27 | ちょぃお出かけ
<< 園芸は楽し♪ 35年来のペンフレンドが遂にや... >>